クラウンピラティス
クラウンピラティス

健康への道のりは優しい!

アンドリューからのメッセージ


私は1987年にピラティススタイルと出会い、自分が体の内側から囚われていたということを知り、また全くその自覚がなかったことに衝撃を覚えました。

当時23歳だった私はプロのバレエダンサーを志し研鑽を積んでいました。やったことのないスポーツなど数えるほどしかないほど活発で、よくケガもしました。バレエの練習では特に要求が厳しく、レッスンを乗り切るために痛み止めを飲んでいたほどでした!

当時の師匠ビバリー・アイチソン氏から、トロントに上陸したばかりのピラティスがダンスに役立つかもしれないと聞きました。私はすぐさまモイラ・ストット氏のプライベートピラティスレッスンを予約し、初回からすっかり夢中になりました。

ピラティスは瞑想的な特徴を兼ね備えた全身エクササイズです。これまでに経験したどの運動とも全く異なり、私はインナーマッスルのさらに内側で得た感覚を気に入りました。

残念ながら過去のトレーニングやケガ、体を動かさない癖と姿勢が相まって、私の体はすでに硬く、均整が崩れていました。ピラティスエクササイズのおかげで体は随分楽になりましたが、腰痛は以後何年も続きました。

その年、モイラ・ストット氏の元でピラティスを教えるようになるとすぐに、(ダンサーではない)普通の人がピラティスのレッスン中に腰や首の痛みを訴えることに気づきました。私はすぐさま、そのような受講者がより難しいピラティスのエクササイズに取り組みやすくなるような準備運動を考案しました。

これが今日のクラウンピラティスシステムの発端となりました。

私は背中の痛みを和らげるために、直ちに他のヒーリング方法も試すようになりました。そしてロルフィングと頭蓋仙骨療法において高い治療効果を得られました。するとヒーリングアートに対する興味が一気に高まり、広範囲な研究を行う中で、現在マニュアルセラピーの名で知られているクラウンテクニックの基礎が築かれました。

専門家として28年が経った今、私はムーブメント・マニュアルセラピストと名乗っています。

私が考案したシステムが兼ね備えるもの:

  • 体の緊張を解消するマニュアルセラピーの技術。
  • 体の緊張を解消し、コア(インナー)マッスルを活性化して体を動かさない癖と姿勢を正すムーブメントセラピーの技術。
あなたにもボディをケアする効果的な体の動かし方をお教えし、健康で力強くしなやかで痛みのない体を手に入れていただくことが私たちクラウンピラティスの目標です。

現在私たちは日本各地で講習を行っています。喜んであなたのスタジオを訪問し、スタッフの方や受講者様にご指導致します。

海外からのリクエストも歓迎です!詳しくは直接お問い合わせください。

皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。


アンドリュー・クラウン
創設者・取締役
クラウンピラティス
株式会社ファンクショナルボディー インターナショナル


お客様の声を読んで、あなたも健康への道のりを楽しもう ピラティススタイルと健康 »

クラウンピラティス